スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食パンと小さな命

昨日から、物凄い雨が降ってる福岡です。
明日までは降り続くようで、ちょっと怖くなってきました。。。

さて。ちょっとサボってしまいましたが、また食パン。
週に一回食パン焼いてます^^;
相変わらず、お気に入りのパネトーネマザーで♪

表。おっ!?今回は、うまく巻けたかな?
IMG_3583.jpg
裏。右側が、窮屈そう・・・。
IMG_3582.jpg

窯伸びも、ややメリ程度でした。
同じレシピでずっと焼いてるので、焼き上がりも同じになるのは
分かってるのですが。ビビリーなものでね~^^;


続きは、小さなすずめのヒナちゃんのお話です。
ヒナの画像が苦手な方はスルーしてください~。

2週間くらい前だったかな?
まだ雨が降らず、すご~く暑い日の午後、洗濯物干しの下に
一羽のヒナが落ちてました。
掌の半分にも満たないくらいで、死んでるのかな?と見ると
苦しそうだけど、息はしてるみたい!
どうしたらいいかな?親鳥が見てるかな?と思い、日陰に移しても
親鳥の気配はなく、でも、懸命に心臓は動いてる。

ん~。どうすればいいかな?と思い、ずっと前にすずめのヒナを
動物園に保護してもらったのを思い出し連れて行くも
「お預かりできません。元の場所に置いてください。」と・・・。

元の場所に置くのはいいんだけど、親鳥がお世話に来なかったら
そのまま息絶えるか、野良猫、犬、蛇などに食べられてしまうそうで・・・。
それを考えると、どうしても放っておくことができませんでした。

そして、ヒナちゃんのお世話をすることにしました。
ペットとして飼うつもりはなく、いずれ元気に飛べるようになるまで
餌をあげよう!、そして元気になったら、自然に帰そう!と。
でも、初めての鳥のヒナのお世話。右も左も分からず、
いろんな情報を調べ、すり餌を練って1時間に一度の餌遣り、
箱の保温。
出来る限りを尽くしたつもりでしたが、5日目にヒナちゃんの息は
絶えてしまいました。。。

どうやら、先天的な足の奇形の子だったようです。
なので、親鳥に捨てられてしまっていたのかもしれないと教えて
頂きました。
奇形の子は育ちにくいらしいのですが、生かしてやれなかったことに
ヒナちゃんに申し訳ない気持ちでいっぱいです。
人間なら奇形であっても、なんとか治療も出来るし生きていけるのに。
鳥は飛べなければ、餌も食べれず生きていくことは出来ないんですよね。。。


自然界の厳しさ、命の儚さを痛感しました。
昨年、長年飼ってたチビ(猫)が天国に逝ってから、もう二度と生き物は
飼わないと決めたのですがね。
ペットとの別れ、いつまでたっても忘れることは出来ません。

短い間だったけど頑張ったヒナちゃん!
体長:5cm 体重:12g
まだ羽は生えてませんでした。
2009062211400001.jpg
天国で元気いっぱいに飛んでね!
小さな小さな体で、餌を飲み込む姿、と~っても可愛かった!
餌をあげようと声をかけると、キョロキョロする仕草も
と~っても可愛かった!
チュンとは鳴けなかったけど、微かに声は出せるようになったんだよね^^

動物って、可愛いな~。
・・・・・でも、いつか死んでしまうから、もう飼わない。

最後に、もしヒナを保護した時のために・・・
①しっかり保温する (羽が生えそろってなければ38度くらい)
②すり餌をこまめに与える (手前にある気管に入らないようになるべく喉の奥に。
食べない場合は、砂糖水を1~2滴クチバシにつけて舐めさせる)
以上二点に気をつければ、かなり救命率は上がるそうです。
たくさんの良心的なサイトの方の助言にも助けて頂きました。
ありがとうございました。

しかし、野鳥を保護してはいけない事になってるそうです。
今回、敷地内だったので一時的に保護してしまいましたが・・・。

もし、みなさんのお宅の敷地内にヒナが落ちてたら、どうしますか?


ちょっと暗い日記になってしまいましたね。ごめんなさい。
また元気になったら、書きます~。
プロフィール

はな

Author:はな
ご訪問ありがとうございます。
趣味やお仕事のこと、その他思うままに
書いてます。
しばらくコメント欄は閉じてますので、お気軽にメールフォームより声かけて頂けたら嬉しいです。

音楽教室講師をしてます♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
RSSフィード
FC2カウンター
RSSフィード
メールはこちら☆

お名前:
アドレス:
件名:
メッセージ:

フリーエリア

アクセス解析

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。